お電話を掛けていただくことが解決への第一歩です

借金問題

よくあるご相談と着眼点について

破産には抵抗感がある。ほかに借金を減らす方法はないだろうか

弁護士が債権者と直接交渉し、利息カットや返済期限の繰り延べなどを交渉いたします。

破産をするとどのような制限が加えられるのか

生活を送る上でのデメリットは、ほとんどありません。ただし、連帯保証人がいる場合、その方に迷惑をかける可能性があります。

借金は整理したいが、自宅を手放したくない

借金の返済を住宅ローンに集中することができる、「個人再生」手続きの利用をお勧めします。

弁護士へ相談するメリット
  • 違法な金利にしたがって返済を続けていた場合、払いすぎた金額を取り戻します。
  • 破産手続きにありがちな誤解や不安を取り除き、新生活に向けたサポートをいたします。
  • ご依頼者の希望に応じた、無理のない借金返済プランをアドバイスすることが可能です。

ケース紹介

任意整理のケース
  • ご相談内容

借金を返すために借金を繰り返し、債務過多に陥っている。テレビで「グレーゾーン金利」のことを知り、心当たりがあるので調べてほしい。

  • 当事務所の対応

金融業者と締結した契約書を調べたところ、明らかに利息制限法以上の金利を支払っていた様子。さっそく先方と交渉を開始したところ、一括返済をするなら、条件交渉に応じるとのこと。

  • 結果

当事務所が返済代行を行いました。返済代行とは、ご依頼者が当事務所に可能な範囲で積み立てを行い、一括して支払うシステムです。詳しくは、お問い合わせください。

  • ポイント

利息制限法の改正からある程度の年月がたち、債務整理を行うことのメリットが次第に少なくなってきました。お心当たりのある方は、早めにご相談いただけますようお願い申し上げます。

自己破産のケース
  • ご相談内容

破産手続きを行うと財産のすべてを失うような気がして、今後の生活に見通しが持てない。また滞納税金もかなりあるが、破産してもなくならないと聞いている。

  • 当事務所の対応

確かに滞納税金は破産してもなくなりませんが、一方で破産後でも、99万円までの現金なら保有が認められています。破産をしても現状の生活に差し障りがないことを確認した上で、正式な手続きを開始いたしました。

  • 結果

債務のすべてが減免された上に、滞納税金も分割で支払っていくめどがついた。

  • ポイント

破産手続きは、資産が残っている状態で始めるとスムーズに行えます。その使い道によっては、今後の生活が変わってくるでしょう。ぜひ、迷っている段階で、弁護士にご相談ください。

個人再生のケース
  • ご相談内容

個人商店を営んでいるが、住宅ローンを返済中の自宅が店舗を兼ねている。事業を続けながら借金を減らす方法はないだろうか。

  • 当事務所の対応

個人再生手続きをアトドバイスいたしました。新たな借金の返済プランを策定し、その支払いが一定期間続けられた場合、住宅ローン以外の債務が大幅に減免される制度です。

  • 結果

取引先の理解も得られ、事業の運営が健全になった。

  • ポイント

自宅兼店舗であっても、一定の面積比率内であれば、個人再生の適用が認められる場合があります。詳しくは、直接お問い合わせください。

借金問題に関する弁護士費用

破産・民事再生事件 20万円~(税別)

債務整理事件

着手金 1社あたり3万円(税別)
報酬 減額分の10パーセント(税別)

過払い金返還請求事件

着手金 1社あたり3万円(税別)
報酬 獲得金額の20パーセント(税別)
まずはお電話でお話ししませんか?